買ったモノや観たモノや聴いたモノについてダラダラと・・・
Super Junior | Super Junior-M | Super Junior-H | Super Junior-T | Super Junior-K.R.Y. |  | 記念日 | 未分類 | 
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
誕生日CountDown
SuperJuniorメンバー
Superjunior&
SuperJunior-Mメンバー

SuperJunior-M
ユニットメンバー

デビューCountUp
sj.jpg

デビューCountUp
sjm_pepsi.jpg

The 3rd ASIA TOUR
SuperShow_3.jpg

2010/08/14 (SAT.)
Seoul (Korea)
2010/08/15 (SUN.)
Seoul (Korea)

2010/08/28 (SAT.)
Qingdao (China)

2010/10/23 (SAT.)
Beijing (China)

2010/11/13 (SAT.)
Nanjing (China)

2010/12/25 (SAT.)
Guangzhou (China)

2011/01/15 (SAT.)
Bangkok (Thailand)
2011/01/16 (SUN.)
Bangkok (Thailand)

2011/01/29 (SAT.)
Singapore (Singapore)
2011/01/30 (SUN.)
Singapore (Singapore)

2011/02/18 (FRI.)
Yokohama (Japan)
2011/02/19 (SAT.)
Yokohama (Japan)
2011/02/20 (SUN.)
Yokohama (Japan)

2011/02/26 (SAT.)
Manila (Philippines)

2011/03/05 (SAT.)
Shanghai (China)

2011/03/11 (FRI.)
Taipei (China)
2011/03/12 (SAT.)
Taipei (China)
2011/03/13 (SUN.)
Taipei (China)

2011/03/19 (SAT.)
Kuala Lumpur (Malaysia)

2011/05/07 (SAT.)
Ho Chi Minh City (Viet Nam)

The 2nd ASIA TOUR
2nd_tour.jpg

2009/07/17 (FRI.)
Seoul (Korea)
2009/07/18 (SAT.)
Seoul (Korea)
2009/07/19 (SUN.)
Seoul (Korea)

2009/08/01 (SAT.)
Tokyo (Japan)
2009/08/02 (SUN.)
Tokyo×2 (Japan)

2009/09/18 (FRI.)
Hong Kong (China)

2009/10/18 (SUN.)
Shanghai (China)

2009/11/28 (SAT.)
Bangkok (Thailand)
2009/11/29 (SUN.)
Bangkok (Thailand)

2009/12/12 (SAT.)
Nanjing (China)

2010/01/23 (SAT.)
Beijing (China)
※北京返金受付→上海

2010/01/30(SAT.)
Guangzhou(China)
※広州取消確定→上海

2010/02/20(SAT.)
Taipei (China)
2010/02/21(SUN.)
Taipei (China)

※2010/2/27と28のソウルは
少女時代のENCORE公演に

2010/03/06(SAT.)
Shanghai (China)
2010/03/07(SUN.)
Shanghai (China)
※ENCORE公演

2010/03/20(SAT.)
Kuala Lumpur (Malaysia)

2010/04/10(SAT.)
Manila (Philippines)


K.R.Y. CONCERT
sjkry.jpg
2010/08/01 (SUN.)
Tokyo×2 (Japan)

2010/11/01 (MON.)
Kobe (Japan)
2010/11/02 (TUE.)
Kobe (Japan)

2010/11/20 (SAT.)
Taipei (China)
2010/11/21 (SUN.)
Taipei (China)

2010/12/01 (WED.)
Fukuoka (Japan)
2010/12/02 (THU.)
Fukuoka (Japan)

2011/02/11 (FRI.)
Seoul (Korea)
2011/02/12 (SAT.)
Seoul×2 (Korea)
2011/02/13 (SUN.)
Seoul (Korea)

2011/06/25 (SAT.)
Bangkok (Thailand) ※中止

혼잣말
≪2009.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2009.12≫
SJ-Mランダム画像
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

미화 (mihwa)

Author:미화 (mihwa)

「 2009年11月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.29 Sun
少しずつ変化
20091129-1.jpg20091129-2.jpg
20091129-3.jpg20091129-4.jpg
20091129-5.jpg20091129-6.jpg
20091129-7.jpg20091129-8.jpg
20091129-9.jpg20091129-10.jpg
20091129-11.jpg20091129-12.jpg
20091129-13.jpg20091129-14.jpg
20091129-15.jpg20091129-16.jpg
20091129-17.jpg20091129-18.jpg
20091129-19.jpg20091129-20.jpg
20091129-21.jpg20091129-22.jpg
<写真出処=pingbook.com>

PINGBOOKサイトに行ったら会見の写真が沢山ありすぎたので気に行った写真を捕獲してみた。
シウォンが短髪+茶髪になってる(@_@)
この写真だと明るさが分かりにくいけど、ジョンスとあまり変わらない明るさに変身してる。
ここまで明るい色のシウォンはあまり記憶に無いかも。
明るさの問題よりもデコ出しじゃないからカッコ良くて良い感じ^^
ジョンスはもう少しペッタリさせずに立たせた感じのモリの方が好みなんだけど(^^;)
ヒョクチェのアイラインはますます濃くなっている感じ。
会見での自らのコメントによるとヒョクチェのアイラインの濃さはこの公演の見どころらしい(笑)
どんへがナチュラルメイクなので並んで立つと違いがくっきり。
まだまだ長髪継続中みたいだけど、かなり緩めの巻毛が良い感じ。
りょうくのモリが大分長くなってきてトサカが落ち着いてきて嬉しい^^
トップにボリューム出すなら韩庚みたいに前髪斜めの方が個人的には好みだけど、
りょうくは韩庚みたく短くカッコ良くするよりは可愛い方が似合ってるか(^^;)
ヒチョルはマスクと前髪で顔が見えないのがすっごく残念ㅠㅠ
長髪巻毛は似合っているけど、後ろを結ぶよりは前髪を留めてデコ出しなら良いのに。
マスクも外して整った顔を見せてくれれば完璧
会見ではシウォンは泰国公演に備えてモリを短くしたといい、
ヒチョルは逆に伸ばして来たと言ったらしいのだが・・・
この映像を見るとモリを伸ばしたのはもしかしてGEEのためとか勘繰りたくなる(笑)





ヒチョルのソロはIVYの曲らしいけどIVY聴かないので原曲は知らない。
この映像だと間奏部分だし歓声も凄くてどんな曲かが分からないけど、
ヒチョルの姿を見る感じではこの曲のためにモリを伸ばしたのかな。
少なくてもGEEのためなわけないか(笑)
ヘンリのバイオリンが一瞬だけどカッコいい^^
りょうくが演奏している映像は残念ながら探せなかった。
この曲DVD化して欲しいなぁ・・・



同じくDVD化して欲しい曲が韩庚のソロ
映像は不鮮明だけど歌声はバッチリ
ピアノ演奏の主が気になるんだけど、これもりょうくの演奏だったら良いなぁ(>_<)
しゅじゅメンはピアノを弾けるメンボが多いから違うかな?
りょうくが歌で韩庚がピアノと言うのはシュエムの100日記念の時にあったけど、
韩庚が歌でりょうくが演奏と言うのは見たこと無い気がする。

公演内容は同じでもソロ部分で少しずつ変化を遂げているのが長期ツアーになる
SUPER SHOWの醍醐味
これならカンイン復活の時にきぼむが一緒に復活したって良いはず。
準備が大変ならTWINSとMIRACLEとDANCING OUTとUとDon't Donだけでも良いから、
こっそり紛れてくれないかなぁ(>_<)

スポンサーサイト

Super Junior    Top↑

2009.11.27 Fri
2010年の足音
20091127-1.jpg
20091127-2.jpg
20091127-3.jpg
20091127-4.jpg
20091127-5.jpg
20091127-6.jpg
20091127-7.jpg
20091127-8.jpg
20091127-9.jpg
20091127-10.jpg
20091127-11.jpg
20091127-12.jpg
20091127-13.jpg
20091127-14.jpg
20091127-15.jpg
20091127-16.jpg
20091127-17.jpg
20091127-18.jpg
20091127-19.jpg
20091127-20.jpg
20091127-21.jpg
20091127-22.jpg
20091127-23.jpg
20091127-24.jpg
20091127-25.jpg
<写真出処=云希馆→百度SJ吧>

ロゴの下に客怡村と漢字での記載なので大陸のキョチョンのお店のカレンダーらしい。
この卓上カレンダーは販促品なんだろうけれど、年間を通して季節感のある仕上がりで、
どの写真も良い写真だし、販売品並みのクオリティになっててビックリ(@_@)
欲しいけど大陸までチキン食べに行けないからこの画像を壁紙にして楽しもうかな^^
韓服姿が好きなので1月と9月が好みだけど、6月と12月の可愛さも良い感じ。
これで12人じゃ無く、きぼむが居れば最高なんだけどㅠㅠㅠ

13人のカレンダーと言えば香港で撮影したBICのSeason3の発売を期待していたのに、
発売の声が聞こえないㅠㅠㅠ
あれにはきぼむが居るのに(>_<)
1月スタートを3月スタートのカレンダーにするのかな(^_^;)?
わざわざ香港まで行って撮影したんだからお蔵入りにはしないと思うけど・・・
2010年もしゅじゅのカレンダーで迎えたいから、早く発売して欲しいㅠㅠㅠ

Super Junior    Top↑

2009.11.22 Sun
12本?!


9月に撮影された12PLUSの新しい宣伝映像が公開されていた。
今回はシウォンの他にジョンス、カンイン、シンドン、ソンミン、ヒョクチェの6人
6人と言う人数は12PLUSの宣伝としては多い人数だけど・・・
SORRY,SORRYを踊るにはこの人数は寂しいㅠㅠ
この映像に出ているコロンは12本?!
カンインは映像に出ている位だからコロンはあるんじゃないのかな?って
疑問に思って12PLUSのサイトに行ってみたら・・・

20091122-1.jpg
<写真出処=my12plus.com>

いや、まさか12PLUSだし・・・って思ったのに。
きぼむが居ないㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ
キョチョンと言い、星菓子と言い、きぼむが居ない12人での起用が続いているけど、
12PLUSはきぼむはかつてシウォンと宣伝に実際に起用されていたのに(>_<)
12人での3集活動開始後、唯一きぼむがメンバーと一緒に公式に顔見せしたのは
泰国のYAMAHAのイベントだったのに泰国は特別待遇じゃ無かったんだ・・・
モチロン12PLUSだから12人のコロンにしたわけじゃなくて(当たり前だ)、
泰国側は13人で交渉したけど、韓国側から許可が出なかったのだそう。
あの事務所のきぼむの扱いは一体どうなっているんだか(-_-;)

20091122-2.jpg
<写真出処=my12plus.com>

今回コロンより欲しいと思ったのはこちらの商品
12PLUSのBBクリームならぬBBプレストパクトとペアで発売されるらしい。
(翻訳機の解釈なので合っているか良く分かんないけど)
スカーフらしけど大きさは不明
使う目的じゃなくてコレクションとして欲しいので大きさは何でもいいけど、
布地だろうから印刷が鮮明だと良いなぁ(>_<)
ちゃんと買えると良いけど。
このタイミングでの掲載だから泰国のコンサートを狙っての売り込みかな^^
月末じゃ無ければ訪泰したかったなぁ・・

Super Junior    Top↑

2009.11.21 Sat
言葉ひとつ
akilla-1.jpgakilla-2.jpg
akilla-3.jpgakilla-4.jpg
akilla-5.jpgakilla-6.jpg

ズームで撮影した写真はどれもピントが全く合って無くて酷い状態なので、
代わりに画像がとても小さくて恐縮なのだけど動画からのキャプを掲載
もう10日以上過ぎてしまっているけれど、ソンミンが主演したミュージカルの楽日の公演を
念願かなって観ることが出来た。

しゅじゅのソンミンとして仕事のオファーを受ける立場でありながら、未知の世界に飛び込み、
ソンミンがオーディションを受けてこの公演にキャスティングされたと言うことを知り、
彼のミュージカルに対する情熱を感じるのが楽しみだった公演

ミュージカルの経験豊かな俳優陣に囲まれての主演、
そしてダブルキャストと言う他者と比較されてしまうプレッシャーの中に敢えて自分の身をおく、
その心意義は凄いと思うし、実際、舞台には今までに見た事の無いソンミンが居た。

akilla-7.jpgakilla-8.jpg
akilla-9.jpgakilla-10.jpg
akilla-11.jpgakilla-12.jpg
akilla-13.jpgakilla-14.jpg
akilla-15.jpgakilla-16.jpg

撮影カメラを前に演技するドラマや映画と、観客を前に演技する舞台はやはり違う。
舞台では繊細な視線の動きとか息遣いの演技では観客に伝わらないし、
喉からの歌唱や発声は観客まで届かない。

ソンミンの演技や歌唱はミュージカル俳優としてのそれになっていたし、表現力もとても豊か。
もともと歌の上手い人だけど、腹からの発声が出来るように相当に稽古を積んだのかな?
第一幕の最後で、ソンミンの役「ロ」が負の感情を爆発させる場面があるのだが、
この場面での悔しい感情の表現と歌唱は圧巻だった。

akilla-17.jpgakilla-18.jpgakilla-19.jpg
akilla-20.jpgakilla-21.jpgakilla-22.jpg

AKILLAでは登場人物はアキーラと言う言葉ひとつで会話をする。
アラだったり、キーラだったりアキーラと言う音の中のバリエーションはあれど、
「ロ」とか「ジュ」とか「カ」など登場人物の名前以外はセリフは全てアキーラのみ。
長いセリフ、難しいセリフを覚えなくて良いじゃん・・・では無くて(^^;)、
実際に観るまではこの特殊な設定に興味津々だった。

ソンミンや舞台上の俳優たちは言葉の区切り方や感情の込め方、発音や息遣いの強弱、
そして勿論、表情や動作でアキーラと言う言葉ひとつで会話をしていた。
客席で観る者はアキーラと言う言葉が「愛してる」だったり「大変よ」「落ち着いて」だったり、
意識をしなくても言葉が自然と解釈出来る。
細かい会話は観る者それぞれが創りあげることが出来、ストーリーは舞台上の演技者が
ひとつのセリフで実に表現豊かに魅せるAKILLAと言う舞台
演技者、表現者の真髄を観るような素晴らしいミュージカルだった。

セリフはアキーラのみだが、歌は韓国語で歌う。
ミュージカルだから言語が分からなくても、歌は演技者の表現から心情が分かるし、
セリフはひとつだけ。
これは全世界で通じる舞台では無いだろうか?とそんな事を感じながら舞台を楽しんだ。

AKILLAは年末のテグでの開催を始めとして地方公演が予定されているようだけど、
個人的には韓国語が通じない国での開催が醍醐味だと思うので、
アジアに留まらず、アジア以外でも公演出来たら良いと思う。
勿論、日本公演も実現して欲しいと願って止まない。

   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。