買ったモノや観たモノや聴いたモノについてダラダラと・・・
Super Junior | Super Junior-M | Super Junior-H | Super Junior-T | Super Junior-K.R.Y. |  | 記念日 | 未分類 | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
誕生日CountDown
SuperJuniorメンバー
Superjunior&
SuperJunior-Mメンバー

SuperJunior-M
ユニットメンバー

デビューCountUp
sj.jpg

デビューCountUp
sjm_pepsi.jpg

The 3rd ASIA TOUR
SuperShow_3.jpg

2010/08/14 (SAT.)
Seoul (Korea)
2010/08/15 (SUN.)
Seoul (Korea)

2010/08/28 (SAT.)
Qingdao (China)

2010/10/23 (SAT.)
Beijing (China)

2010/11/13 (SAT.)
Nanjing (China)

2010/12/25 (SAT.)
Guangzhou (China)

2011/01/15 (SAT.)
Bangkok (Thailand)
2011/01/16 (SUN.)
Bangkok (Thailand)

2011/01/29 (SAT.)
Singapore (Singapore)
2011/01/30 (SUN.)
Singapore (Singapore)

2011/02/18 (FRI.)
Yokohama (Japan)
2011/02/19 (SAT.)
Yokohama (Japan)
2011/02/20 (SUN.)
Yokohama (Japan)

2011/02/26 (SAT.)
Manila (Philippines)

2011/03/05 (SAT.)
Shanghai (China)

2011/03/11 (FRI.)
Taipei (China)
2011/03/12 (SAT.)
Taipei (China)
2011/03/13 (SUN.)
Taipei (China)

2011/03/19 (SAT.)
Kuala Lumpur (Malaysia)

2011/05/07 (SAT.)
Ho Chi Minh City (Viet Nam)

The 2nd ASIA TOUR
2nd_tour.jpg

2009/07/17 (FRI.)
Seoul (Korea)
2009/07/18 (SAT.)
Seoul (Korea)
2009/07/19 (SUN.)
Seoul (Korea)

2009/08/01 (SAT.)
Tokyo (Japan)
2009/08/02 (SUN.)
Tokyo×2 (Japan)

2009/09/18 (FRI.)
Hong Kong (China)

2009/10/18 (SUN.)
Shanghai (China)

2009/11/28 (SAT.)
Bangkok (Thailand)
2009/11/29 (SUN.)
Bangkok (Thailand)

2009/12/12 (SAT.)
Nanjing (China)

2010/01/23 (SAT.)
Beijing (China)
※北京返金受付→上海

2010/01/30(SAT.)
Guangzhou(China)
※広州取消確定→上海

2010/02/20(SAT.)
Taipei (China)
2010/02/21(SUN.)
Taipei (China)

※2010/2/27と28のソウルは
少女時代のENCORE公演に

2010/03/06(SAT.)
Shanghai (China)
2010/03/07(SUN.)
Shanghai (China)
※ENCORE公演

2010/03/20(SAT.)
Kuala Lumpur (Malaysia)

2010/04/10(SAT.)
Manila (Philippines)


K.R.Y. CONCERT
sjkry.jpg
2010/08/01 (SUN.)
Tokyo×2 (Japan)

2010/11/01 (MON.)
Kobe (Japan)
2010/11/02 (TUE.)
Kobe (Japan)

2010/11/20 (SAT.)
Taipei (China)
2010/11/21 (SUN.)
Taipei (China)

2010/12/01 (WED.)
Fukuoka (Japan)
2010/12/02 (THU.)
Fukuoka (Japan)

2011/02/11 (FRI.)
Seoul (Korea)
2011/02/12 (SAT.)
Seoul×2 (Korea)
2011/02/13 (SUN.)
Seoul (Korea)

2011/06/25 (SAT.)
Bangkok (Thailand) ※中止

혼잣말
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
SJ-Mランダム画像
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

미화 (mihwa)

Author:미화 (mihwa)

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.10 Tue
贅沢な公演
꿈꾸는 히어로

K.R.Y.の持ち歌はバラードが殆どだけれど1曲目にバラードは無いだろうなぁ・・・
と、個人的に予想していた曲はThe Night Cicago Diedだったf^_^;
予想が見事に外れて1曲目はK.R.Y.として正規に出している音源の中では1番新しい、
2009年のドラマ「パートナー」のO.S.T.曲
この曲はコンサートやステージで披露したことは今までに無かったんじゃ無いのかな?
K.R.Y.の初めてのコンサートって言うだけでも嬉しい事だけれど、
スタートからまだ音源以外で(たぶん)披露された事が無い曲って言うのも嬉しさ倍増♪
サビのメロディーが好きな曲で僕は明日のヒーロー もう一度力を出すんだって言う歌詞も
聴いていて元気が出る感じで気持ちが明るくなる良い曲だと思う^^
明るい曲調で客席の反応も良かったし、始まる前は初めてのコンサート、しかも言葉の違う、
異国での公演だから客席の反応に対しての多少の緊張もあったと思うけれど、
この反応でメンボの緊張も解れたと思うので良い選曲だったんじゃ無いかな^^

걸음을 멈추고

きぼむがトン3集정.반.합.の活動に重なった為出演を断ったちゃんみんの代わりに出演をした
2006年のドラマ「눈꽃」のO.S.T.曲
この曲は最初のアジアツアーのSuper Showでもやっているし、日本でも武道館のイベントとか
ハイエナファンミでもやっているので、他の曲に比べて日本のファンに馴染みがある曲だと思う。
だからステージの導入部分に持って来たのかな?
メンボも今までにも何度も歌い込んで来た曲だけあって声の伸びも感情の込め方も圧巻(@_@)

마주치지 말자 (Let's Not...)

ファニが曲を作りプロデュースした、ファニらしいR&B色が強いしゅじゅ3集のこの曲は
K.R.Y.には珍しく?りょうくが印象的なパートになっている曲
正直K.R.Y.曲ではぎゅとイェソンの方が印象的なパートが多いと個人的に感じでいるので、
この曲を初めて聴いたときはビックリしてファニ株が一気に上昇(^^;)
インガで他メン達が演奏するピアノで歌ったり、シュキラでぎゅひょんがシウォンの太腿の上に
座って歌ったイメージが強いけれど、コンサートではこの曲は初めて♪
インガのピアノ演奏も良かったけれど、生バンドにとっても合っている曲だと思った(^^)

이별 넌 쉽니(Heartquake)

ちょうど1年前の日本でのライヴでヒョクチェのラップで披露されたしゅじゅ3集のこの曲
ヒョクチェのイメージが強すぎて忘れがちだけどオリジナルはユノユノ&ミッキのラップで、
3通りのラップでこの曲を聴き比べるのも面白い^^
一度で良いからSM TOWNでオリジナルラップのライヴを披露して欲しかったなぁ(>_<)
K.R.Y.withどんへはこの曲かヒョックの自作曲One Loveかな?って予想していたんだけど、
One LoveだとどんへwithK.R.Y.になっちゃうから流石に無かったか(^^;)
この曲は3集の中でも特に好きな曲では無かったんだけれど、サビの歌詞(言葉の音感)が
かなり好みで聴いている内に段々好きになり今でもリピート率が高い曲♪
なので今回の生バンドでの披露は嬉しかった^^
どんへが最初に登場したのがこの曲で、どんへが登場するたびにとにかく会場の悲鳴が凄い(@_@)
彼の人気はどの国でもホントに凄いなぁ・・・

What If

K.R.Y.withソンミンは絶対にこれだと信じて疑わなかったしゅじゅ3集のこの曲♪
バラードだし、いびょるでのどんへの登場で盛り上がった後だけに、ソンミン登場迄の間、
客席の反応が気になっていたんだが(1回目は曲に集中出来なくて勿体無いコトした)、
ソンミンの登場の時にも客席が盛り上がったので良かった^^
衣装が可愛いんだけどラフな感じでビックリ(@_@)足元の感じとか蝶ネクタイとか何となく
シュピのステージで着そうな服だと思った。
この曲はやっぱりぎゅひょんのパート♪アプミ ムゴウォド クレド オンジェンガ ナン~
サランハル ゴン マン ガタ♪がとにかく好きなのでこれが生で聴けるのはやっぱり嬉しい^^

듣죠... 그대를 ※ぎゅひょんソロ

2010年のドラマ「パスタ」O.S.T.曲
この曲の歌詞とかメロディーの可愛らしさに、自身には照れもあったそうだけれど、
ドラマのイメージにはとっても合っている曲(ドラマはKNTVで半分位見たf^_^;)
個人的にぎゅの歌声は色気があると思うんだけれど、この曲では普段と歌い方を意識して
変えているのが印象的
ぎゅひょん自身はバラードが好きだと言っているし、ソロではスパショ2でも歌っていた
7년의 사랑を歌うだろうと予想していたのでこの選曲には驚いた(@_@)
(たぶん)バラードを選ばなかった理由、その答えは次の曲にあった!

1回目infection 2回目瞳を閉じて ※ぎゅひょんソロ

<音声出処=baidu gyuhyun bar>
何と日本語曲の披露!
しかもこのキーは女性ボーカルの曲だっ(@_@)と誰の曲だか全く分からないのに、
ただただビックリしながら聴いていると…発音がめちゃめちゃ綺麗で更にビックリ(@_@)
ぎゅの歌声で歌詞が良く分かったし、韓国人が苦手とする「つ」とか「ざ」とかの発音も
ネイティブそのもの!
1回目の後でこの曲が鬼束ちひろの歌だと教えてもらったけれど、名前は聞いたことある・・
って程度で正直分かんない(-_-;)
日本のテレビ観ないし音楽聴かないし・・・せっかく日本のファンに喜んでもらおうと
一生懸命準備してくれたと思うのだけれど、こんなダメなヲタも居て申し訳ない気分
この曲の歌い出しで上手く行かず、やり直しをしたぎゅひょん
生バンドならではの感じで個人的にはこんな雰囲気も好きなのだけれど、
本人的には納得がいかなかったのか?それともリハの段階でどちらか1曲を選べずに、
2曲ともやる予定だったのか・・・
真意は分からないけれど、2回目の公演では平井堅の歌を披露
男性ボーカルの曲だけに鬼塚ちひろの歌よりはキーは流石に歌い易そうだったけれど、
日本語の発音は1回目の方が良かったと思う。
2回ともinfectionでも良かったのに、と思ったのが正直な感想(^^;)

봄날 ※りょうくソロ

<映像出処=려욱닷컴 형님>
りょうくのソロはしゅじゅ4集に収録されたこの曲に違いないと思っていたので嬉しい^^
最初は自作曲じゃないのが残念に思っていたんだけれど、アルバムを聴けば聴くほど、
りょうくの歌声に合っているなぁって好きになった曲
この曲は別れた恋人を懐かしむ歌って自分の中で勝手なイメージが定着しているんだけど、
聞こえる単語からの想像なので今度歌詞を訳してみたいと思っている曲
りょうくって歌を凄く丁寧に歌うひとだと思うけれど、特にこの曲はそれを強く感じる^^

三日月 ※りょうくソロ

<映像出処=려욱닷컴 형님>
歌に入る前にりょうくから次の曲は三日月だと紹介があったので曲名だけは分かった。
そして歌い出したその曲のキーでやはりこれも女性ボーカルの曲だと言うことは分かった。
・・・が、しかしやはり誰の歌かは分からず(^^;)
1回目の公演の後でお友達に綾香の歌だと聞いて、うんやっぱり名前は聞いたことがある・・・
ホントに何も知らない残念過ぎる日本人でゴメンナサイ!とメンボに謝りたい気分
りょうくはこの歌が一番好きな歌なのだそう。恐らく日本の歌で、と言う意味だと思うけど。
女性のキーで高音はさすがのりょうくも難しいんじゃ?と思いきや、見事な歌唱だった(@_@)
そしてりょうくも日本語の発音が上手!ちゃんとネイティブの日本語に聞こえる~
歌詞の意味を理解して心を込めて歌っているのが伝わってきて素晴らしいステージだった。

너 아니면 안돼 ※イェソンソロ

ファンミでも聴いたけど、ホントに大好きなこの曲はステージが特に楽しみだった1曲
なのに・・・イェソンさんの「みんなで一緒に歌いましょう」と言うお上手な日本語に、
「안돼~(>_<) 싫어~!」とココロで叫ぶ悲しさTT
歌のタイトルじゃないけど너 아니면 안돼、イェソンの歌声じゃなきゃダメなのに(-_-;)
タガッチ!と言いながらマイクをその口から話して客席に向けてしまうイェソンさん。
しかも客席の反応がイマイチだと思ったのか、歌いやすいように次から歌詞を先に早口で
教えてくれる親切さ。
客席と一体になりたかったのだろうけれど、それも生ライヴの醍醐味だと理解できるけど・・・
それでもあぁ残念(>_<)マイク向けられたから歌ったけどイェソンの歌声で聴きたかったよ~

運命のヒト ※イェソンソロ

この映像を見ると最初にEXILEの運命のヒトを歌いますって言ってたんだ。。。
2回目を一緒に観た同僚がEXILEファンなので歌の開始で誰の歌だか分かった貴重な曲
歌はモチロン上手だけれど日本語の発音が韓国人らしい発音だった(^^;)
良い曲だと思うけど너 아니면 안돼を2回聴かせてくれても良かったのに~
「今度は僕一人で歌いますから聴いて下さいね」みたいな感じで!

くるみ ※ソンミンとどんへのユニゾン

K.R.Y.が3人ともソロに日本語の歌を準備して来たから、もしかして・・・と思ったら
ゲストの2人も日本語の歌だった。
これはミスチルの歌だと教えてもらったけれど、流石にミスチルは聴いた事があるが、
この曲は知らなかった(^^;)
ソンミンは100%がちゃんと発音出来なかった4年前に比べると大分日本語の発音が
上手になっていると思うし、どんへもちょっと歌い流している部分もあったけれど、
他は言葉をきちんと刻んで歌おうとしていたように思う^^
ん、でもやっぱりイェソンと同じで韓国人が発音する日本語と言う感じがあった(^^;)
日本のファンを喜ばせようと準備してきてくれているのはとても伝わってくるけれど、
やっぱり個人的には韓国語の歌が聴きたかったと言うのが本音
だって2人の歌唱力が100%活かしきれて居なくて勿体無い(-_-;)
歌の途中で会場のファンにたくさん声を掛けていて、こんな盛り上げ方とかファンサは
とってもこの2人らしいなぁって嬉しかった^^

H.I.T

最初のアジアツアーでも歌われた2007年のドラマ「히트」のO.S.T.曲
ぎゅひょんが事故に遭う前の一番新しい音源だったこともあり何度も聴いた曲なだけに、
6人しか参加していない歌だけど、しゅじゅの中でもとても好きな曲
歌い出しのメロディから一度聴いたら耳に残るとても印象的な歌だと思う。
この5人でのコンサートと知った時にカンイン以外のメンボが揃っているし、
この曲もやってくれるのでは?と期待していたのでとても嬉しかった。
あとはこの曲の記憶と言えばりょうくが突然泣き出したこの時の上海公演
カンインのパートは誰がカバーするのかと思ったらりょうくだった。上海公演の恩返し?
普通に考えればパートが離れているからだと思うが勝手に思い込んで盛り上がってみた(^^;)

거울

こちらも最初のアジアツアーでも歌われた、しゅじゅ2集のウネのラップ作
この曲はやってくれるのでは?では無くてきっとやってくれるだろうと思っていた曲
ボーカルはオリジナルメンボが揃っているし、ラップはどんへがカバー出来るし。
と、思ったが歌のパートもあってラップは2人分をこなしてどんへは大変だったかも(^^;)
サビも良いけれどこの歌は歌い出しからサビになる前の大人っぽいメロディが好み。
この曲も生バンドの演奏に凄く合っている歌だなぁって思ったし、
メンボが気持ち良く歌っている感じが伝わって来た^^

잠들고 싶어

<映像出処=愛규현thankKYU.com/圭贤王朝/2kyuhyun.com by미진様>
そしてこの5人と言えばこの曲!と言う感じの잠들고 싶어
しゅじゅ4集の中でも好きな歌なのでこの曲を生で聴く事が出来て感動モノ(>_<)
今回のコンサートが決まってから4集は発売されているから、この公演を見越してこの曲を
5人だけのボーカルにしたのか、バラードだけにボーカルラインを集めたらこうなったのか・・・
まぁどちらでも良い事なんだけれど、最近の歌だけにみんな歌い慣れていて聴き惚れた。
ファンの前で、コンサートで歌ってくれたのは今回が初めてだったし贅沢だと思った^^
この曲の後に少しトークがあり、ソンミンとどんへがここまでの出演だと告げられた瞬間、
会場の不満の声が凄かった(^^;)
後で構成を考えると残りが少ないので妥当なんだろうけれど、1回目の公演の時はこの曲は
まだ公演の中間頃?とか的外れに考えていたためビックリ(@_@)

응결

個人的な好みで言えばK.R.Yのみのしゅじゅのアルバム収録曲は4集のこの曲よりも、
3集の마주치지 말자の方が好きなんだが(^^;)
ぎゅひょんのソロに続いてこの曲はりょうくが歌い出しを失敗して(1回目だったかな?)
演奏をやり直すハプニングが。
歌い出しがりょうくのアカペラから入るからバンドとの呼吸が大変
これもやっぱり生バンドの醍醐味と言うコトで(^^;)
あ、でもイェソンさんは失敗は無かった!
この曲の前にナレーションで次はみなさんにも馴染みが無い曲ですがと言う前置きがあって、
今年のアルバムに入っているんだし馴染みはあるだろって突っ込みたくなった(-_-;)

그것뿐이에요

アンコール前のラストの曲が2006年のドラマ「빌리진 날 봐요」のO.S.T.のこの曲だった。
こっちは日本ではハイエナファンミの時に披露されているけれど馴染みが無いかも(^^;)
SM TOWNにも確か収録されていたハズ
この曲は今回のコンサートでやるだろうと特に予習をしていた曲だったけれど、
まさかラストだとは思わなかったからこの曲の後で捌けていくメンボを見てビックリ(@_@)

The Night Chicago Died

<映像出処=yesungfan+ NannY@13MKH>
1曲目に来るかな?と予想が外れてアンコール1曲目に来た2006年のドラマ「하이에나」の
O.S.T.曲は途中で3人肩を組んで腰を振る可愛らしい振り付けが客席の悲鳴を煽ってた。
最初のアジアツアーの印象が強いから、りょうくが馬になってイェソンとぎゅひょんを
追い掛けるステージを想像しがちなんだが・・・
でもハイエナファンミの映像を見ると同じように3人並んで首を傾げるポーズをしていた。
これ、やる前にりょうくが恥ずかしそうに下を向くのがツボ
3年前もりょうくのパートのところでやっていたので元々はこういう可愛い演出なのかな?

한사람만을

そしてモチロンラストに来るのはぎゅひょんがきゅひょんに変ったK.R.Y.結成のきっかけの
最初の活動曲、同じく「하이에나」のO.S.T.曲である極上のバラード한사람만을
この曲の時はK.R.Y.で歌番組にも出てくれたし、グループ活動が盛んだったのに、
最近は音源を出しても活動が無いのが寂しい限り。
この日本公演を契機にもっとK.R.Y.の活動が増えれば良いのに~(>_<)
活動が少ない彼らだけに今回は初めてな披露が多かったし、しかも生バンド!
みんな歌の上手さは折り紙つきだし、演奏も歌唱も素晴らしくて贅沢なコンサートだった^^
また観たいなぁと心から願う公演だった。
但し韓流風トークコーナーは個人的には中だるみするから余計なので止めて欲しい(-_-;)

Super Junior-K.R.Y.    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。